卓上型培養装置

TOP > 製品・サービス情報 > 培養装置 > 卓上型培養装置

卓上型で広範囲な基礎研究、条件検討に適したコンパクトな培養装置です。
全容10Lの培養槽まで標準的な縦型オートクレーブを使用できます。二重底の間隙部に冷却水を還流する独自の温度調節機構により、マイルドな加温と迅速な冷却が可能です。小型ながら本格的な培養装置としての機能を備えています。培地組成及び微生物細胞の性状によりマグネットカプリング方式の下部撹拌方式、メカニカルシール方式の上部撹拌方式をお選び頂けます。
また、高KLaを実現する撹拌翼、高粘度培地の撹拌及び低せん断力性に優れた特殊パドル翼など多様な撹拌を用意しております。動物細胞(CHOなど)、昆虫細胞から好気・嫌気性微生物まで幅広く対応いたします。
多彩な機能を標準装備したBioneer-Neo(最新モデル)シリーズ、オールインワンタイプのインテリジェント型Bioneerシリーズ(2019年3月販売終了)、シンプル機能でロングセラーのMDLシリーズからお選び頂けます。

Bioneer-Neoシリーズ(最新モデル)

多彩な機能を標準装備したBioneerシリーズの最新モデル。

特長

大型7インチカラー液晶タッチパネルを採用することにより操作性が向上。
槽内通気用マスフローコントローラが標準装備されております。
培養データをCSV形式で出力するUSBポートが標準装備されております。
ORP(酸化還元電位)計測アンプが標準装備されております。
FEED制御機能も標準装備。汎用の秤量電子天秤も接続が簡単です。
多彩な培養制御機能(流加培養制御、回分培養制御、連続培養制御、pHスタット制御、DOスタット制御、タービドスタット制御など)が標準装備されております。
コントローラの幅は188mmで非常にコンパクトです。
高粘度、高密度培養にも対応可能な上部メカニカルシール撹拌方式も選択可能

Bioneer-Neoシリーズ(最新モデル)

Bioneerシリーズ

5.7インチカラー液晶タッチパネルを採用したオールインワンタイプの卓上型培養装置です。2001年から発売を開始し、多くの方にご愛好頂きましたBioneerシリーズの初期モデルです。現在お使いになられているBioneerの新規増設や更新にも対応可能です。

特長

5.7インチカラー液晶タッチパネルを採用。
制御項目が最大8点 標準:温度、pH、DO、撹拌、消泡。
オプション3点:通気流量、ORP、その他(濁度、排ガスCO2、O2など)。
PCで複数台のBioneerを制御並びにデータの記録が可能。

2019年3月をもちまして販売を終了いたしました。長きに渡りご愛顧いただきましてありがとうございました。
Bioneerシリーズ

MDLシリーズ

槽内温度調節、撹拌速度調節、通気流量調節を基本機能とし、シンプルで使い勝手を重視したロングセラーモデルです。

特長

  • シンプル機能で低価格。
  • コンパクト設計。
  • 槽本体容量は0.5L~10L。
  • 高粘度、高密度培養にも対応可能な上部メカニカルシール撹拌方式も選択可能。
MDLシリーズ

加圧型培養装置

培養槽の内圧を制御し溶存酸素の供給速度をあげることを目的とした培養装置です。 その他、種菌を次工程の培養槽に圧送する際にも使用されます。

特長

  • 最高使用圧力は0.2MPa(G)。
    ※ご要望により0.2MPa(G)以上の製作も可能です。
  • 全容2L~10Lまで製作も可能です。
加圧型培養装置

光合成培養装置

藻類、微細藻類、光合成細菌など各種の培養に有効な光源やシステムを提供致します。

特長

  • 各種の光源を用意(白色LED、CCFL、蛍光灯ほか)。
  • 全容量:試験管サイズ~10Lまで。
  • 種々のスケールに対する光照射ユニットを用意(試験管、ルー瓶、硝子製培養槽、ステンレンス製培養槽)。
  • 光合成細菌、シアノバクテリア、藍藻類、ユーグレナ、クロレラ、ボトリオコッカス、オーランチオキリウムなどへの実績豊富。
光合成培養装置

エアリフト型培養装置

撹拌翼を使用せず、通気のエアレーションを利用して培地を対流させながら培養します。

特長

  • 撹拌によるせん断力が少ない。
  • 撹拌動力が不要。
  • 撹拌軸のシール部や軸受けが無いため機械的な摩擦による消耗部品がない。
  • 撹拌のシール部が無いためコンタミの心配がない。
  • 槽内部品の洗浄が容易。
エアリフト培養装置

固体培養装置

麹などの固形物を培地とした培養などに適した培養装置です。

特長

  • 槽内を無菌状態で維持したまま上部の撹拌棒が固体培地をほぐしながら撹拌します。
  • 固体培地をほぐすための撹拌は間欠タイマーで制御が可能です。
  • 無菌状態を維持したまま加湿、温調することが可能です。
固体培養装置

製品に関するご相談、ご依頼はお気軽にお問い合わせください。